中⼩企業の物流倉庫業向けクラウド型⼊出庫在庫管理システム
SGストックマネージャー

DX化の必要性について

⼈材が不⾜している現在、限られた時間とリソースで最⼤限の業務効率化をはかるためには、業務のデジタル化(DX化)が求められます。
DXとは、デジタルサービスを使って⼿作業を最⼩限に、コスト削減、時短、サービスの向上を実現する経営戦略の⼀つと定義されています。
紙ベースでやっていることをパソコンでやったからといって、DXにはなりません。
デジタル化されたものをクラウドにアップし、外部から他の⼈がそのデータを加⼯できるようになっていて、はじめてデジタルデータと呼べます。
もちろん不特定多数の⼈が加⼯できるという意味ではありません。
「SGストックマネージャー」は物流倉庫業界⼀筋の中⼩企業社⻑の声をもとにシステム開発したものです。仮に属⼈化された現場では⼈が辞めると業務が⽌まったり遅れたりする課題が発⽣します。また複数の倉庫と事務所が離れている場合などではリアルタイムで管理ができません。
本システムを運⽤することで、現場を知らない事務員さんでも⼊出庫‧ロケーション管理ができ、現場に指⽰できて課題解決できます。
システムはクラウドサーバを利⽤しており、初期費⽤を抑えて後からカスタマイズ機能追加拡張ができて、スモールスタートが可能です。

在庫管理システムのイメージ(全体)


ログイン‧メニュー画⾯

倉庫ポータル画⾯

機能⼀覧

価格表
項⽬ 内容 ⾦額(税別) 備考
システム本体 ソフトウェア 125,000円 ⽉額

お問合せ
販売
有限会社WIN
物流倉庫業向け総合コンサルタント
関連会社の有限会社シライサービスにてシステムの導⼊および運⽤事例あり
〒567-0071 茨⽊市郡⼭2丁⽬32-46 TEL.TEL.072-640-6111
開発
有限会社シライサービス
OA機器の配送‧設定‧販売、各種配送業務
協⼒
ケーエスピー株式会社
中⼩企業向け業務系システム開発、保守
異業種交流型ビジネスマッチング「共創の会」運営